tsukano-ameblo-Distinction

 

こんちゃ! 

大変お待たせいたしました!iBasso Audio DX80、遂に本日発売です!

DX80は今、この価格、音質、性能、タイミングで出たことに価値があります!

単にDX90jの下位的位置付けではないのですよ!

個人的に大注目!だいちゃんですヽ(゜▽、゜)ノ

 

 

 4月29日(金) 本日発売!

 

 iBasso Audio DX80 

a01

最大DSD128(5.6MHz)のネイティブ再生に対応した、 ハイレゾ対応ミュージックプレイヤー。

 

 

DX80のここに注目!

価格を超えたスペックと使い勝手 

a06

大型のタッチパネルはDX90Jより格段に美しくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・本体で再生時には最大DSD128までネイティブ再生可能

・DAC部にはCIRRUS CS4398をLRで2基搭載。(AK240と同じ構成)

 L/Rを個別に駆動することで広範なダイナミックレンジを獲得。

・水晶を使用しないシリコンベースのMEMS発信機を2基採用

  抜群の周波数安定度と低位相ノイズ、低ジッタにより高次元の音質を実現。

・Thesycon USB オーディオドライバーを採用したXMOS USB レシーバーを搭載

 USB-DAC として、パソコン内の音楽再生も可能。

・大型で解像度の高い3.2型IPSタッチパネルと物理ボタンで操作可能。

・消費電力の大きいデュアルDAC構成でも最大13時間駆動を実現。

 

a05.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

USB-DACも備えた、拡張性豊かなインターフェース

a02

2系統のデジタル出力で外部のDAC/アンプにも接続可能。(DSDのDoP出力には非対応)

 

a04

ラインアウトも優秀。外部のアナログアンプに接続可能。

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

 

DX80を聴いてみた!

a03

媚びない無骨なデザインが個人的にツボ。これぞ男のプレーヤー。

 

個人的に5万円前後のDAPの中では一番気に入っているDX80。

対抗馬としては人気の高いFiiO X5 2ndLotoo PAW5000辺りでしょうか。

これらと音質を比較すると、DX80は中低域に比重のある骨太サウンドです。

低音のずっしりとした重みや厚み、そして、音圧が特徴的です。

ゴリゴリとしたソリッドなベースとの相性が抜群。

決して野暮ったく鳴らず、音の制動、質が高いのが良いですね。

ボーカルやストリングス等が入ってきても低音にマスキングされず、

中高音域はやや明瞭に、そして、くっきりと鳴らしてくれます。

さらにDACに備わっているデジタルフィルターで、

SLOWとSHARPの2種類からお好みの音質傾向に切り替える事が出来ます。

 

a07

ニチコンの高級オーディオグレード電解コンデンサを惜しみなく使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DX80の内部基盤には高級なオーディオグレードのコンデンサが搭載されていて、 

DAPとしては十分な駆動力、音量を上げた時の安定感があります。

このアンプ部分がDX80の音質の要になりそうです。

エージング完了後の音質がどの様に変化するのかが楽しみですね。

 

 

——————————————————————————————————————–

 

以上、えっ?2.5mm 4極バランス接続には対応していないのかですって?

漢は黙って3.5mmアンバランス!

だいちゃんでした!

ばいちぃ(。・ω・)ノ゙ 

 

 

 

↓店舗案内↓

だいちゃん
自称、eイヤのゴッドイヤーこと、 『 e☆イヤホン 大阪日本橋本店 』コンシェルジュのだいちゃんです! イヤホン・カスタムIEM・ヘッドホン・アンプ・プレーヤー・スピーカー・ ケーブル・マニアックなアクセサリー類まで何でもござれです。 座右の銘は「 迷ったら全て買ってしまえばいい。 」 エージングは肯定派だってばよ! 愛機: Merlin , HUM , CARDAS A8等
  

この記事を読んだ人におすすめ