HD25 LOVER 池ちゃんです!

 

ポテトチップスが店頭から無くなると聞いて、

カルビーのうすしおを買い占めようか検討中です!

(うすしおがないと生きていけない!!)

 

みなさん突然ですが!

iPhone 7に変えたけど音楽を聴くのにあいつが煩わしい!

 

 

音質も心なしか悪くなるし、音楽を聴きながら充電が出来ない!しかも小さいからどっかに行く!でもワイヤレスイヤホン(ヘッドホン)は嫌で今のヘッドホンを使いたい!でも音質も重視したい!そんな事を思った事ないですか?

そんなあなたにオススメしたいのがこちら!

 

Bluetooth接続ポタアン!!!

 

 

iPhone7発売後に発売された3機種の聴き比べをしましたので、

参考になれば幸いです!!

 

視聴環境

iPhone 7→アンプ→HD25-1(こだわりの私物10年物)

HD25はFURUTECH ADL iHP-35Sにリケーブルと

イヤーパッドをYAXI HD25 typeBに交換済み

ポータブルでは鳴らしにくいと言われているHD25をどれだけ鳴らしてくれるのかが楽しみですね!

 

試聴に使用した楽曲はコチラ↓

 

ジャンル

曲名

アーティスト名

orchestra

アイズ・シャット

ノクターンNo.13

オーラヴル・アルナルズ

 アリス=紗良・オット

Pop

Don’t Know Why

Norah Jones

EDM

Wake Me Up

Avicii

Rock

Hotel California

Eagles

 

NUARL NUARL NA20B-F(標準モデル)

 

 

◎スペック

□寸法:W100×D61×H13(mm)

□重量:約114g

□入出力:3.5mmステレオミニジャック

□オペアンプ:5532

□最大出力:280mW

□インピーダンス:16~500Ω

□S/N比:100dB

□THD:<0.002%

□連続動作時間:

30時間(無線接続時)

82時間(有線接続時)

□Bluetooth:Ver 4.1 Class2

□充電時間:Micro USB接続(5V/500mA)

 

音源評価

orchestra:★★★★☆

    EDM:★★☆☆☆

   pop:★★★★☆

  Rock:★★★★★

 

コメント

音に関しては全体的にバランスよく出ている、Rockに関してはギターソロの部分が非常に聴き心地が良かった。Popの曲もピアノとボーカルのバランスが良く温かみを感じた。アコースティックの曲が得意な反面、打ち込みの曲やEDMの下から押し上げる低音の表現力は今一歩と言う感じです。ボリュームに関してはアンプ、iPhone側ともにほぼ全開でHD25はBluetooth接続の場合、鳴らしきれていない印象を受けた。有線接続をするとHD25もしっかり鳴らしています。

 

NUARL NUARL NA20B-J Jazz向けモデル

 

 

◎スペック

□寸法:W100×D61×H13(mm)

□重量:約114g

□入出力:3.5mmステレオミニジャック

□オペアンプ:4580

□最大出力:280mW

□インピーダンス:16~500Ω

□S/N比:100dB

□THD:<0.002%

□連続動作時間:

30時間(無線接続時)

82時間(有線接続時)

□Bluetooth:Ver 4.1 Class2

□充電時間:Micro USB接続(5V/500mA)

 

 

orchestra:★★★★★

    EDM:★★★☆☆

   pop:★★★★☆

  Rock:★★★☆☆

 

コメント

前出のJAZZ向けモデルです。音は非常に柔らかい音で、低音の響きが気持ち良い。ボリュームに関してはほぼ全開で、前出モデルと同じくワイヤレス接続ではHD25は鳴らしきれておらず、有線接続をすると出力が上がりHD25も十分鳴らしきれている。orchestraのピアノの低音部分とチェロの響きが良く、聞いていて非常に気持ちが良かった。

Popの曲はボーカルが若干刺さるところがあったので、気持ちドンシャリという感じ。

EDMの押し上げる様な低音は苦手、Rockも低音部分が若干ぼやけているところがあり、得意ジャンルは選ぶ印象(JAZZ向けモデルって言ってるじゃん!!)

 

SoftBank SELECTION Astell&Kern for SoftBank SELECTION XHA-9000

 

 

◎スペック

□Bluetooth規格:Version 4.1

□周波数特性:20Hz~20kHz(Condition±3.0dB)

□最大出力レベル:90mW+90mW(バランス接続、16Ω、THD1%)、40mW+40mW(アンバランス接続、16Ω、THD0.2%)

□対応サンプリング/周波数/ビット数:最大48kHz/ 24bit

□対応インピーダンス:バランス接続:8~300Ω、アンバランス接続:8~150Ω

□出力端子:3.5mmステレオミニジャック×1、2.5mmステレオマイクロジャック×1

□インターフェース:microUSB(Bタイプ)ポート

□連続使用時間:約5時間

□連続待受時間:最大300時間

□充電時間:約2時間

□質量:約23g

 

orchestra:★★★★☆

    EDM:★★★★★

   pop:★★★★★

  Rock:★★★★★

 

コメント

音色は全体的に明るめの音色、低音のキレが非常に良く、音の全体像も1音1音はっきり聞こえてくる。ただし響かせる様なタイプでもないので、音源によっては少し冷たく感じるかもしれません。ただPOPSのボーカルは全然刺さらなかったので、驚きました。EDMに関しても下から押し出す低音をしっかり表現している、Orchestraの表現は少し硬い印象を受けたので、そこがマイナス部分ですが、苦手なジャンルはない印象。

ボリュームに関しては7−8割で音楽に集中できる音が出てくる。

2.5mmバランス接続で聞くとさらに空間の広がりが出て来て音質のグレードが上がってくる。HD25も十分に鳴らしている感じで、小さいのにパワーがあるアンプと言う印象を受けました。

 

3機種を聴き比べて、個人的に一番バランスが取れているなと思ったのがXHA-9000ですね!この商品の2.5mmバランス接続が本当に良い!!

金額的にもコスパが抜群に良いと感じました!

他の2機種に関しては有線接続がメインになっているのかワイヤレス接続だと少し物足りなさを感じました。有線接続であれば、他の2機種もXHA-9000に迫っているのですが、有線接続するために変換アダプターが必要になるのは本末転倒ですしね!

 

今回のブログは以上です!

今回の3機種は当店で展示していますので、実際にご試聴ください!

是非お待ちしております!!

 

 

最後にポタフェスin大阪いよいよ開催間近です!

☝画像クリックでポタフェス公式サイトにとびます。

 

ポタフェスin大阪まで残り23日!!

 

 

 

 

↓店舗案内↓

 

この記事を読んだ人におすすめ