sinji

 

いつもイヤホン派な僕ですが、1月に入り気温が寒くなってきたのでMDR-CD900STを引っ張り出して耳あて代わりに使っているシンジです。

耳も暖かでもちろん音も良いです…

 

今回から連載させていただきます。

シンジとムートン修理日記

 

第一回はe☆イヤホンクリニック梅田EST店で行っている修理内容を・・・

 


 

修理金額¥4,000-(税込み) 

 

パーツ代P-3.5/4G (3.5mm4極ミニプラグ)¥1,030-(税込み)    

 

合計 ¥5,030-(税込み)

 

e☆イヤホンクリニックの断線修理でも持ち込まれる機会の多いBeats by Dr.Dreのイヤホン。決して壊れやすいわけではなく、多くのユーザーに愛されている証拠のイヤホンですね。

 こちらはe☆イヤホンクリニックのプラグ断線修理でトップクラスによく使われるオヤイデ電気の3.5mmミニプラグです銀色の削りだしスリーブがカッコいい!!

修理金額¥4,000-(税込み)

 

合計¥4,000-(税込み)

 

AKGの701シリーズはハウジングをぐりぐりと動かして音が途切れるようであればケーブルではなくハウジング内部の断線の疑いがあります。特にパーツ代はかからない場合がほとんどですのでお気軽にご相談下さい!

 

 

こちらは梅田EST店の試聴機用に作成した変換ケーブル作成です。

 

SONY PHA-3やJVC SU-AX01などの3.5mm両出しバランスプラグ対応ポタアンをAKシリーズでおなじみ2.5mm4極バランスプラグで聴きたいという

お客様のご要望があったので作成してみました。

 

 

 

実際にこの変換ケーブルの作成例の料金は

 

技術料金¥5,000-(税込み)

 

パーツ代金BSP-STMP-010GN4(金メッキプラグ) x3 ¥290-(税込み)

     ※内プラグ一個はスリーブのみ使用

 

     ジュンフロン被覆銀メッキ撚線(1.0m) x1  ¥280-(税込み)

 

 合計 ¥6,150-(税込み)

 

 

になります、お持ちの2.5mm4極バランスプラグケーブルで聞き比べが出来るようになるので上記のポタアンをお持ちの方は是非。

 

修理パーツはお持ち込みでも構いませんので何かご不明な点等ございましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

 

イヤホン・ヘッドホンの修理は思い立ったが吉日です!

一日でも早く持ち込むことによってメーカー保証内で修理を受けることもできますので、少しでもいつもと違うなと思ったらe☆イヤホンへお越しください!!

 

また徐々にご紹介内容を増やしていければと思いますのでe☆イヤホンクリニックブログを次回もよろしくお願いしますー

 

以上、e☆イヤホンクリニック梅田EST店 シンジがお送りしました!!

 

↓店舗案内↓

 

 

e☆イヤホン梅田EST店クリニック担当シンジです。 ムートンじゃない方修理の人
  

この記事を読んだ人におすすめ