ブログ

 

どもども。

 

めっきり寒くなりましたけど気になる記事がありまして、

裸で寝れば体にいい!

 

ほんまかどうかはわからないんですけど早速試してみてみたんですね。

感想としましては、、、

 

冬は寒くてちょっとオススメできない!

 

しかし、それでも元気な自分は意外に大丈夫なのかもしれませんね。

 

さてさて、、

 

明日大阪日本橋店にてAcoustune HS1005 P5 試聴会を開催いたします!

 

 

 

 

Acoustune試聴会_1126_大阪日本橋本店_BLOG 

 

SONYのオーディオプレイヤーNW-WM1A  NW-WM1Zの発売によって好評いただいている新規格4.4mm

5極プラグを採用したイヤホンがAcoustuneより登場します!

 

【場所】

e☆イヤホン日本橋本店

 

【日時】

11月26日(土)

12001800

 

 

HS1005のスペックはそのままに、新たにペンタコン・プラグ(材質:真鍮、メッキ下地:三元メッキ、フィニッシュ:金メッキ)を採用したモデルとなります。

 

20161117_1301251_


HS1005 P5HS1005とどう違う?!

 

HS1005のスペックはそのままに、新たにペンタコン・プラグ(材質:真鍮、メッキ下地:三元メッキ、フィニッシュ:金メッキ)を採用。
再生側でのバランス接続新規格4.4mm・5極採用による音響情報量拡大に対応する為に、従来の横方向への音場拡大に加え、後方へも音場拡大する様チューニングを最適化。

 

HS1005のプラグがPENTACONN φ4.4バランス接続プラグ 【NBP1-14-002】を使用しているモデル。

 

・4芯布巻ケーブル、SpinFitイヤーピース同梱。 100%アルミCNC切削ハウジングで軽量化と高い強度を実現。

 

・ケーブル仕様はツイスト3芯から布巻き4芯へ変更しバランス化への対応、柔らかさや分岐後のケーブル長も最適化。スライダーは脱落防止形状へ変更済み。

 

・外装面では、現行アルミ100%CNC切削のシェルデザインと、高い装着性はそのままに、シェルキャップ部に更に丸みをもたせ、且つアルマイト処理の仕上げ。

 

・添付品では、キャリーケース(マカロン)はそのままとし、イヤピースについては見直しを行い、 新たにイヤピースにSpinFit(S/M/L)を同梱、ダブルフランジタイプ(S/M/L)の6セット。


 

 

日本橋店スタッフのいい感じなナオキが実際に聴いてみた! 

 

今回はプレーヤーにSONY NW-WM1Z NMを使用して試聴しました!

 

まず初めに感じたのはHS1005よりも、さらに音に奥行きがあり、音一つ一つがとてもハッキリと明確で解像度の高さに驚かされました。

 

HS1005は音場が広く、左右の音の分離感が良いのですが、中央の安定感がやや薄く感じるところがありました。

今回登場のHS1005 P5では少し薄くなっていたボーカルも前に出て音域すべてがバランスよく全体的に洗練されたイメージを持ちました。

 

音楽ジャンルもHS1005同様、特に選ばなければならないということもなく、すべてに対応してくれるような優等生タイプではないでしょうか。

 

 

今までのシリーズの聴き比べなど、詳しくはこちらのブログをご覧下さい!↓↓↓↓

バナー

【愛機紹介】ダイナミック型イヤホンの定義を根底から覆す!Acoustune HS1004徹底解剖!!


 

ぜひぜひこの機会に聴いてみてはいかがでしょうか? 

 

↓店舗案内↓

《5000円以下》専門店スタッフが選ぶU5000イヤホン2016年秋決定版

U5000店舗-e-900-200

 

《A10000円ワイヤレスイヤホン》専門店スタッフがアラウンド10000円ワイヤレスイヤホン

A10000W店舗-e-900-200

たらお
大阪日本橋のイヤホンヘッドホン専門店eイヤホンで働いています。DJやトラック作ってます。あとスケボー好きです。イヤホンやヘッドホン以外にもDJの大会や機材に関してのちょこっとした情報もつぶやきます。宜しくお願いします。
  

この記事を読んだ人におすすめ