けいちゃん

ども、けいちゃんです。

 

超高品質 携帯音楽プレーヤー “Astell&Kern”

通称AKシリーズを使っている方も今や多いのではないでしょうか。

僕もユーザーの一人です。

 

 

そんなAKユーザーの方・・・

 

お待たせしました!! 

 

遂に発売だああぁ!

IMG_2655のコピー

▼【新製品】iriver Astell&Kern AKT5p e☆特価¥169,980-

【beyerdynamic T5pをAKシリーズ向けに最適化】 

 

beyerdynamic × Astell&Kernの素敵なコラボレーション。

IMG_2657のコピー

ハウジングにはAKの象徴“A”が刻まれ、いかにもな雰囲気が漂っています。

 

 

IMG_2659のコピー

プラグには第2世代AKシリーズに採用されている2.5mmバランス端子を標準装備。

対応プレーヤーに直接挿しこむだけで、定位感に優れたAKサウンドをお楽しみいただけます。

なんと2.5mm4極→3.5mm3極端子への変換ケーブルも付属!

プレーヤーとポタアンを合わせている方も、このAKT5pを問題なく使用できます。

 

 

それでは早速聴いてみましょう。

IMG_2658のコピー

まずは2.5mmバランスでの接続。

T5pは低域の量があまり多くなくて、なめらかな中高域を再生するヘッドホンという認識でしたが、いい意味で期待を裏切られました。

低域が良く出てます。ただしがむしゃらに出すのではなく、タイトで高い解像度を持っています。バランス接続ということもあり音の分離が良く、定位感も良好です。

 

 

さらに3.5mmプラグに変換して試聴。

少し丸みを帯びた暖かいサウンドに感じました。バスドラムのドスドスッという音圧もしっかりと感じとれます。

 

 

 

でもせっかく3.5mmプラグに変換するなら・・・

 ポタアンを通さないと!!

IMG_2660のコピー

やっぱりこれ!この元気な音が僕は好きです!

もともと空間表現が豊かなAKT5pに、音場が広めのポタアン“picollo”を組み合わせる事により、さらに抑揚のあるサウンドになりました。低域の解像度が保たれたまま、さらに押しが強くなるのでノリよく音楽を楽しめます。

 

 

第2世代のAKシリーズにバランス端子直挿しもよし。

3.5mmプラグに変換してポタアンとセットで使うもよし。

 

 

IMG_2675のコピー

ついに本日発売!在庫もございますよ(^O^)☆ミ

大阪日本橋本店東京秋葉原店WEBにてお買い求めいただけます!!

 

 

↓↓りょう太さんの開封動画もご覧ください♪↓↓

ブログリンク:【動画】約17万円の高級ヘッドホン「AKT5p」を開封してみた【開封の儀】

 

 

試聴機もご用意しております!!

是非店頭にてお試しください☆ミ

 

けいちゃんでした~

 

けいちゃん
e☆イヤホンSHIBUYA TSUTAYA店スタッフです。 【愛用イヤホン】 Heir 10.A / UE11pro / 1964-Qi / SE215SPE-A 現在はiPodからいかに高音質を狙えるか模索中。 自転車趣味も増えて金欠真っ只中。 休みの日は昼に寝て夜にサイクリングする性質。
  

この記事を読んだ人におすすめ