nagoya_takumi-100px-ameblo-Distinction 

 

こんにちは!たっちゃんでございます!

 

今日は素敵なアンプをご紹介いたします!!

 

☆本日発売☆

 

TEAC

Reference To-Go HA-P5 シルバー

20160326112521_IMG_0264

 

人気商品のHA-P90SDの高音質を継承しつつ、

プレーヤー機能を排除した分、ポタアンとしての使いやすさや更なる音質の向上を図った新型DAC搭載アンプになります。

また、人間工学(エルゴノミック)に基づいたデザインを採用しており、既存のTEAC社ポータブル機より一層扱いやすくなっております。

 

20160326112607_IMG_0266

 

そんなReference To-Go HA-P5が本日発売になるわけですが、

簡単にレビューさせて頂きます!!

 

まずサイズ感ですが割とコンパクトで持ち運びしやすそうです。

私物のAK120IIと近いサイズになっていて、スマートフォン以外のDAPともちょうど良いサイズ感になっています。

20160326113341_IMG_0269

重量はそこまで重くなくiPhone6 Pulsより少し重いぐらいです。

 

肝心な音質ですが、解像度がかなり高く、左右の分離感も良いです。

3.5mm4極のバランス出力にも対応している為更にセパレーションがよくなると思います。

(アサインはOPPO HA-2などと同じものになります。)

 

低音に厚みがあり、音の立ち上がりも早めでかなり聴き応えがあります。

出力も高く、High Gainにしても歪が少ないのでインピーダンスの高いヘッドホンとも合わせて使うことが出来ます。

沢山の入力端子があり、いろんなプレイヤーと合わせて使えるはありがたいですね。

 

20160326113418_IMG_0270

20160326113445_IMG_0272

6万円と少々高額では有りますが、今まで使っていたDACアンプから買い替えも十分アリな製品だと思います。

個人的にはMojoより味があってかなり好みでした。

 

以下スペックになります。

 

ヘッドホン出力
周波数特性 10Hz〜100kHz (LINE IN 時)
ヘッドホン対応インピーダンス 16〜600Ω
実用最大出力 160mW+160mW (32Ω,1kHz,10%,JEITA)
60mW+60mW (300Ω,1kHz,10%,JEITA)
30mW+30mW (600Ω,1kHz,10%,JEITA)

ライン入力
最大入力 2Vrms

ライン出力
周波数特性 10Hz〜80kHz (LINE IN 時)
最大出力 2Vrms
動作温度 0〜35℃
電池持続時間(32Ω負荷 0.1mW + 0.1mW 出力時)
Apple iOS デバイス 約5 時間
電池の持続時間は、使用方法や周囲の環境によって変わります。
充電時間 約4 時間 (DC 入力時)
外形寸法 65.4 mm × 121.4 mm × 21.6 mm(幅×奥⾏×高さ、突起含まず)
質量 182g
対応サンプリング周波数/ビット数 PCM:最大 192 kHz、24bit
DSD:最大5.6448MHz
付属品 DC 電源供給用ケーブル(DC プラグ – USB A 端子) × 1
パソコン接続用USB ケーブル(USB マイクロB 端子-USB A 端子) × 1
RCA 変換ケーブル (RCA – Mini Plug) × 1
取扱説明書( 保証書つき) × 1

 

 

こちらのTEAC Reference To-Go HA-P5 シルバーは

本日より発売です!!!

 

 

Web本店はもちろん

大阪日本橋本店

東京秋葉原店

名古屋大須店

にて取り扱い、試聴機がございます!!

 

是非聞いてみてください!

 

それでは、名古屋大須店よりたっちゃんがお送りいたしました!ばいぴー

 

たっちゃん
こんにちは!こんばんは!たっちゃんでございます! お店では新品商品やカスタムIEMを中心にご案内しております! fhánaが好き。 #eイヤ写真部 見習い。 プレイヤー:AK380 イヤホン:UE900、SE215SPE ヘッドホン:Q701、K545、T50RP mk3 カスタムIEM:VE5、CW-L02、VE6 X2、MH334 「アニソンって何だろう…?」と考えて未だ答えが出ないのが悩みです。
  

この記事を読んだ人におすすめ