ブログのバナー

 

どもども。。

 

寒さを感じるとほっとコーヒーがすっごく美味しく感じて。。

大人になって嬉しいけど、コーヒーの苦味が男を渋くするものだと思ったりもするんですよ。ビンテージな大人になりたいっすね。。とかいうてますけど。。

 

さてさて、、

 

お待たせしました!遂に発売です!

 

大好評のAcoustuneから!

HS1003が発売!

 

hs1003

 

 

 

 

 

 

3_000000072493

 

 

 

 

前回好評だったHS1001の音を上手く継承し、高解像度で音の輪郭を明確にしながらも聴き疲れしないチューニングを目指したモデル!!

 

【新製品】Acoustune Resonate HS1003 Gun Metal Grey

 

 

こちらは大好評のまま惜しくも生産終了になってしまったHS1001の後継機モデルとなります。HS1001に関してはお客様からはもちろん我々スタッフ間でも愛されていた商品でコストパフォーマンスの高さから人気を呼んでいました。

 

今回HS1001の後継機になるHS1003ですが音質的に、、、

 

・中高域の伸び方や抜け方がさらに綺麗?

・HS1001と比べると若干低域がタイト?

・音場の表現力が豊かになった?

と、感じました!!

 

詳しいスタッフレビューはこちらからチェック!

 

このブログを書いている本人のタラオ

 

久しぶりにダイナミック型ドライバーでここまで個性が出ているイヤホンを聴きました。低音はもちろん出ているのですが、一番特徴的なのが中高域のキレ感といいますか、クリアでスッキリな音質。中高域でいうと昔オーテクから出ていたATH-CKM99のようなキラッとしてスキッとした音色に近く、低音の押し出し感は
ゼンハイザーに近い力強い鳴らし方で、全体的に押し出しがやや強いです。
もしお勧めするのであれば、現在MA750をお使いでそこからのグレードアップ
考えていらっしゃる方には是非おすすめです!
ちなみにこのイヤホンのレビューは書きやすい!と久しぶりに思いました。
と言うのも本当に個性がハッキリとしているイヤホンで、一度聴くと印象に残る音質でした。

 

eイヤホンのゴッドイヤーことダイちゃん

 

Acoustuneから10mm口径のダイナミック型イヤホンHS1003が登場。HS1003は前モデルのHS1001の基本コンセプトはそのままに、サウンドとデザインがさらにブラッシュアップされています。奥行きと広がりのあるサウンドステージ、伸びやかで清涼感のある高音域、そして量感豊かな低音域というベストバランス。HS1001よりも高域のピークが軽減され、聴きやすくもなっています。解像感や音の分離もこの価格帯としては優秀でなので、初めての高音質イヤホンとしても、2台目3台目のサブ機としても、あらゆるユーザーの方に聴いて頂きたい逸品です。医療用レベルの新素材が振動板に採用されているので、エージングが必要ないという所もマニア心をくすぐります。

 

メガネかけた名古屋店のケイちゃん

 

知る人ぞ知る“Acoustune”のResonateシリーズHS1003は前作HS1001がややピーキーだったサウンドに対し、ウェットで艶のあるサウンドにチューニングされています。音量を上げていくとボーカルが近くに感じ、バスドラムの押し出しも非常に心地よくなります。音の分解能も良く、サウンドステージはやや広めに感じました。イヤピースを変えることで音質の変化があるのがわかりやすいところもイイですね!価格と性能が非常に良いバランスでまとめてあり、いつも使っているイヤホンをワンランクアップしたいという方にオススメします。

 

そうです。。

 

eイヤホンスタッフもべた褒めです!

 

バランス仕様のHS1005は今しばらくお待ちくださいませ!もうあと少しで発売します!

 

 

 

実はこちらは!

2.5mmの4極バランス仕様になっております!!

なのでAKユーザーの方は要チェックですよ!

 

実は前に試聴会を店頭にて開催しましたところ、、

 

めちゃくちゃ大好評でした!

 

聴くべきイヤホンです。

これはほんまに聴いて欲しい。

 

こちらも詳しいスタッフレビューはこちらからチェック!

 

このブログを書いている本人のタラオ

 

バランスで聴くとHS1003とHS1005の違いが分かり易い。もちろんバランスでの出力になるのであたり前ではありますが、音場が広がり左右の音の分離感が良くなります。音場を広く、そして細かく音を見るのであれば特にこちらのイヤホンは中高域のスッキリとした音色になりますので、こちらのHS1005の方がより分かり易く、音を表現してくれます。ただし、アンバランスタイプのHS1003と比べると中央の安定感がやや薄くなり、ドシッとした印象がやや薄まります。好みはあるかと思いますが、個人的な見解からしますとHS1003の方は個性あふれる音色になりますが、
バランスで聴くHS1005になりますと優等生になり綺麗になる印象でした。AKのプレイヤーをお持ちの方ですとお好みな音色かと思いました。

 

メガネかけた名古屋店のケイちゃん

 

AKユーザーの方や2.5mmバランス対応プレイヤーをお持ちの方は、HS1003だけでなくこのHS1005も試していただきたいです。
近いと感じたボーカルは距離を置き、全体的に薄味に近づきます。
バランス接続の恩恵がモロに出てくるので、効果を試してみたいという方にも聴き比べることをオススメします。
音の定位や空間の広さが際立ち、この音質が好みの方も多いのではないでしょうか。
特にAK380との相性が良く、ナチュラルでとにかく聴きやすいです。女性ボーカルからノリの良いロックまでそつなくこなす優等生なイヤホンと言えます。

 

そして今週末は大阪日本橋店にてAcoustuneの試聴会も開催いたします!

 

噂によればあの試作のあのイヤホンも持ってきてくれるとかなんとか。。

 

是非是非チェックしてみてくださいね!

 

たらお
大阪日本橋のイヤホンヘッドホン専門店eイヤホンで働いています。DJやトラック作ってます。あとスケボー好きです。イヤホンやヘッドホン以外にもDJの大会や機材に関してのちょこっとした情報もつぶやきます。宜しくお願いします。
  

この記事を読んだ人におすすめ