ホームシアターに最適!多機能なBluetoothトランスミッターのご紹介です。


 

日本橋PR部のかわちゃんです。

今回の記事でご紹介をさせていただくのは、ホームシアターに最適!多機能なBluetoothトランスミッター

 

MEE audio Connect Hub

 

 

 

 

2018/9/21

発売予定です

 

製品のポイント

 

 

・Bluetoothのトランスミッター、レシーバー機能をどちらも搭載

 

・2台のBluetooth機器と接続、音量レベルを個別に設定可能。

 

・SBC, Qualcomm aptX, Qualcomm aptX Low Latencyに対応。

 

・3.5mm AUXジャックとS/PDIF デジタルとアナログ端子両方とも入出力が可能。

 

・スピーカーへ有線接続で出力しながら同時にワイヤレスストリーミングすることが可能。

 

 

非常に多機能で様々な使い方が可能。

 

以下更に詳しい、メーカー様による詳しい製品情報です。

 

製品情報

 

Connect Hubは、既存の、若しくはこれから新たに設置しようとしているホームシアターシステムに高品質のBluetoothワイヤレスオーディオストリーミングをシームレスに追加することができるワイヤレ・スステレオ・オーディオ・トランスミッターです。

 

 

・TXモード:Bluetoothトランスミッターとして使う

 Connect HubをTXモードでBluetoothトランスミッターとして使用すると、テレビや他のオーディオ機器からBluetooth対応のワイヤレスヘッドフォンやスピーカーにクリアで歪みの無い高品位なサウンドをワイヤレスストリーミングすることができます。

 

・Dual-Headphone Streaming

 

 Connect Hubは2台のBluetooth機器(ヘッドホン、イヤホン、スピーカー等)へ同時にストリーミングが可能です。それぞれ音量レベルを個別に設定できるのでお互いに迷惑をかけることなく快適にリスニングを楽しむことができます。

 TVを視聴する際にワイヤレスヘッドホンやワイヤレススピーカーを使って耳により近い位置でサウンドを聞くということは、映画やショーの中の会話がより聴きやすくなるというメリットがあります。

 Connect Hubにはデジタル入力だけでなくアナログオーディオ接続用の入力とブースト機能が搭載されています。デジタル出力に非対応の古いテレビ等からでも充分に迫力のあるサウンドでストリーミングすることが可能です。

 

 

・RXモード:Bluetoothレシーバーとして使う

 Connect HubをBluetoothレシーバー(受信機)として使用することで、スマートフォンやタブレット、Bluetooth機能搭載のオーディオプレイヤー等からサウンドバーやスピーカーなどBluetoothに対応していない再生機器にオーディオストリーミングすることができます。

 

 

・Digital and Analog Connectivity

 

 Connect Hubは様々な機器との互換性を確保する為にアナログ(3.5mm AUXジャック)とデジタル(S/PDIF(TOSLINK))の両方の入出力を備えています。

 

 

・Integrated Pass-Through

 TXモードでの使用時にオーディオパススルー機能を使用すると、サウンドバーやスピーカーへ有線接続で出力しながら同時にワイヤレスストリーミングすることができます。

 

 

・Qualcomm aptX low latency technology

 Connect HubはBluetooth4.2テクノロジーによってクリアで歪みの無い高品位なデジタルオーディオを提供します。
 Qualcomm aptXおよびaptX Low Latencyオーディオコーデックによって、より忠実度の高いサウンドを極めて低遅延で提供することができます。
 ※aptX Low Latencyのサポートは受信機側が対応している必要があります。

 

 

・Voice-assisted Setup

 ステータスインジケーターと内蔵スピーカーによってConnect Hubのセットアップや接続状態を容易に把握することができます。
 ステータスインジケーターでは電源の状態、音量レベル、使用中の接続と、Bluetoothコーデックに関する情報が含まれます。

 

 

・Extended Range

 Connect Hubは最大で90フィート(約27メートル)の無線接続が可能です。
 ※周囲の建物・障害物や電波状況によって異なります。

 

 

– Bluetooth スペック –

Bluetooth バージョン:4.2
Bluetooth サポート形式:A2DP
Bluetooth オーディオコーデック:SBC, Qualcomm aptX, Qualcomm aptX Low Latency
通信可能範囲:最大約30m
同時接続機器数:最大2台

 

– その他スペック –

オーディオ入力:3.5mmステレオミニ / S/PDIF
サイズ:96mm x 81mm x 25mm
重量:79g

 

– 付属品 – 

Connect Hub ブルートゥース・トランスミッター本体 x1
電源用Micro-USBケーブル x1
3.5mmステレオミニケーブル x1
RCA – 3.5mmステレオミニケーブル x1
S/PDIF デジタルケーブル x1
日本語マニュアル

 

 

 


 

 

びっくりするほど多機能なBluetoothトランスミッターですね。筐体もコンパクトなので置き場所を選ばない点もポイントでしょうか。

テレビの音声をConnect Hub通しBluetoothで送信したり、逆に受信機能を使って例えばスピーカー等を無線化したりと様々な使い方で楽しめそうです。

 

 

以上、とっても多機能なBluetoothトランスミッターConnect Hubのご紹介でした。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

日本橋PR部よりかわちゃんがお送りいたしました。

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ