お求めやすい価格で大迫力のサウンドを実現したシアターバーのご紹介です。


 

日本橋PR部のかわちゃんです。

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのは

 

比較的お求めやすい価格で大迫力のサウンドを実現した。DENON製シアターバー

DENON DHT-S316

 

 

2018年10月上旬

発売予定です

 

普段、テレビや映画を鑑賞する時、もっと迫力がほしい!低域の厚みや音の広がりを!という場面は多いかもしれません。

しかし、マルチチャンネルのホームシアターは嵩張るし、設定も大変ですよね。

DHT-S316ならテレビの下にポンと置けるコンパクトサイズ。

接続もHDMIケーブル一本で出来るお手軽さ。サブウーハーとの接続はなんとワイヤレスなので配線もシンプルです!

音響心理学に基づくアルゴリズムを用いたバーチャルサラウンド技術によって臨場感たっぷりで楽しめます。

 

製品情報

 

 

以下メーカ様による製品情報です。

 

臨場感豊かな本格シアターサウンド

中音域と高音域にそれぞれ専用のドライバーユニットを搭載した 2 ウェイ 4 スピーカーのサウンドバーと独立したワイヤレス・サブウーハーによって迫力のシアターサウンドを実現。物足りなさを感じていたテレビの音が明瞭かつ重厚なデノンサウンドに生まれ変わります。

 

 

テレビ画面をさえぎらないスリムデザイン

テレビ画面をさえぎったり、テレビのリモコン受光部を隠してしまったりすることがないようにサウンドバーの高さをわずか 54mm に抑えました。

 

 

ワイヤレス・サブウーハー

独立したサブウーハーのパワフルな低音で映画も音楽も臨場感いっぱいに楽しむことができます。ワイヤレスなのでサウンドバーとケーブルで接続する必要がなく、好きな場所に設置することができます。サウンドバーとサブウーハーはあらかじめペアリングされているため、電源を入れるだけで自動的に接続され、設定不要ですぐに使うことができます。

 

 

Dolby Digital、DTS、AAC 対応

DHT-S316 は、Dolby Digital、DTS、AAC のサラウンド音声のデコードに対応。音響心理学に基づくアルゴリズムを用いたバーチャルサラウンド技術によって臨場感たっぷりのサウンドを楽しめます。視聴するコンテンツに合わせてムービーモード、ミュージックモードを切り替えることができます。

 

ナイトモード

夜間など音量を控えめにして視聴する際に最適な「ナイトモード」を搭載。大きな音と小さな音の音量差を圧縮し、音量を下げた時でも小さな音が聞き取りにくくならないようにします。

 

 

ダイアログ・エンハンサー

ニュースやナレーション、セリフなど、人の声を明瞭にする「ダイアログ・エンハンサー」機能を搭載。オンに設定すれば全体の音量を上げなくても声が聞き取りやすくなります。効果は 3 段階で調節することができます。

 

 

Bluetooth 対応

スマートフォンやタブレット、パソコンなど Bluetooth 対応機器から音楽をワイヤレスで再生することができます。

 

 

かんたんセットアップ

テレビとの接続は付属の HDMI ケーブルまたは光デジタルケーブルをつなぐだけ。テレビも映画も音楽もデノンならではの高音質で楽しむことができます。また、HDMIコントロール機能(CEC)対応テレビと HDMI ケーブルで接続すれば、テレビと電源のオン/オフを連動させたり、テレビのリモコンで DHT-S316 の音量を操作したりすることができます。

 

 

スペック

付属のリモコン

 


 

ポンと奥だけでサウンドクォリティーが大幅アップ!。数々のホームシアター製品を手がけてきたDENONならではの納得のサウンドです。

しかもBluetooth対応なのでBluetoothスピーカー的な使い方もできちゃいます。

 

DHT-S316でテレビや映画にもっと迫力を!

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

日本橋PR部よりかわちゃんがお送りいたしました。

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ