どうもナマステ。

 

e☆イヤホン名古屋大須店、新品DAP/AMP担当のムーさんです!

 

 

 

 

只今絶賛花粉が体内に蓄積中!名古屋大須店のムーさんです(辛)。はい(辛)。辛い(辛)。

僕昔からくしゃみを止めちゃうクセがあるんですよ… 「くしゅっ」って。

あまり良くないクセを持ってます!名古屋大須店のムーさんです!(から元気)

不思議と営業中はくしゃみしないので、見れたらレアですよ(稀)


そんな話はさておき、

 

新品DAP/AMP担当という事で、今回は久々に自分が担当する商品のご紹介です。

 

 

 

本日、3/20発売致しました!

 

 

 

こちら!

 

真空管ヘッドホンアンプ、Cayin「HA-1A MK2」です!

 

★今回はこちらのHA-1A MK2に色々なヘッドホンを繋げて相性を探ってみましたので、

ご検討中の方もそうでない方も、ご参考にしていただければと思います。


■どんなヘッドホンアンプ?

 

Cayin HA-1A MK2は、ベストセラーとなった前モデルHA-1Aの設計責任者がヘッドフォン出力にターゲットを置き10年の研究の末、開発に至りました。
EL84EH(ロシア製) x2を搭載し、ヘッドフォンアンプに加えプリアウト機能も備えています。

ヘッドフォン出力に最適化し600Ωまで対応、平面駆動ヘッドフォンにもおすすめ、A級真空管ヘッドフォンアンプとなります。

*EL84EH(ロシア製)・出力真空管を使用。 
*12AU7・シグナル真空管を使用。 
*NOS 12DT5・Power Regulation真空管を使用。 
*高品質Z11 E1コアーパワ-トランスフォーマー使用。 
*ワイドバンド高品質Z11 E1出力トランスフォーマー使用、ユニークな巻線技術の使用により高品質・多目的に対応。 
*高品質ALPS-27ロータリーポテンショメータをボリュームコントロールに使用。 
*特別5ステップアウトプットインピーダンスにより、最適なマッチングを大半のヘッドフォンに対応。


■実際に聴いてみた!

 

●DENON 「AH-D7200」と繋いでみて…(オススメ度:★★☆☆☆)

 

全体的に元気な表現をするのがD7200の最大の魅力だと思いますが落ち着いてしまう印象。

ボーカルは艶めいて近めに聴こえますがややぼやける印象に。押し出し感は強め。

 

 
●FOSTEX「TH610」と繋いでみて…(オススメ度:★★★★☆)

 

 

音質的に奥行きが出来、スッキリ聴き易い傾向に。

ボーカルが追いやすい程に近く、良い位置感だと思います。

 

 

●AKG 「K712PRO」と繋いでみて…(オススメ度:★★★☆☆)

 

中音域~高音域の情報量が上がりますね。打楽器との相性が良い印象。

スネアドラム、シンバル、ハイハットを聴くと、素材の音がクッキリ出ます。

ベース、ボーカルは近めでぼやける印象でした。

 

 

●SENNHEISER 「HD650」と繋いでみて…(オススメ度:★★★☆☆)

 

HD650は分離感に優れた機種になりますが、 音に密度と奥行きが出るためか、
重量感あるサウンドにはなりますが、中~高音域が籠る印象に…
 
 
●audio-technica 「ATH-R70X」で繋いでみて…(オススメ度:★★★★★)
総合的にバランスの取れた組み合わせかと思います。
重量感がありつつもスッキリ聴かすサウンド。
各パート、細部のディティールが伝わってきて音が追いやすくなり良いです。

総評
上記ヘッドホン5機種で聴いてみました。総合的にみて、ボーカルには艶感と生楽器には情報量の多さを感じ、
それぞれのヘッドホンで重量感のある濃密な音を聴けた印象にあります。
 
因みにヘッドホン選定はバランスよく、インピーダンスの低い物から最高はATH-R70Xの470Ωまでを選びましたが、
どれもそつなく鳴らしてくれる印象です。(650だけ中~高音域が籠った感じがしました…)
ただヘッドホンとの相性を見つけるのは難しく、音の位置感が近すぎたりして、ぼやけてしまうものが今回多かった様に思えます…
 
気になった方は是非店頭で試聴してみてはいかがでしょうか!?
R70Xとの相性を基準にヘッドホン選定してみると良いかも知れません。
 
名古屋大須店のムーさんでした。
それでは。
 
 
  

この記事を読んだ人におすすめ