hamachan-100px-ameblo-Distinction

e☆イヤホンのはまちゃんです!

 

最近はどこに行ってもワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンの質問をされます!やっぱり人気ですね!普段使いのワイヤレスはヘッドホン派でして、Skullcandy Crusher Wireless を愛用しています。

『そのヘッドホンワイヤレス?』

『音良いの?なんてゆうヘッドホン?』

からの流れで、

毎度『おすすめのワイヤレスヘッドホンってなに?』という質問をいただいてます!

本日はその多くのご質問にお答えしましょう!

 

題して!

※大山のぶ代さんの声を脳内でイメージしてください。

はまちゃんの!

おすすめワイヤレスヘッドホン!

1万円以内から

3万円クラスまで選んでみたぁ!

 

はは!そのまんまのタイトルやないかい!それではどうぞー!

 

 

 

おすすめワイヤレスヘッドホン

 

 

ご紹介機種一覧

1万円以下編!

JBL T450BT
audio-technica ATH-S200BT
SkullCandy UPROAR ON-EAR WIRELESS
Pioneer SE-MS7BT
Plantronics BackBeat 505

 

2万円以下編!

Skullcandy Grind Wireless
URBANEARS PLATTAN ADV Wireless
Skullcandy Hesh 3.0 BT
SENNHEISER HD 4.40BT
CREATIVE Sound Blaster EVO ZxR

 

3万円以下編!

JAYS u-JAYS Wireless
harman/kardon SOHO WIRELESS
Skullcandy Crusher Wireless
Marshall Monitor Bluetooth Black

 

3万円以上編!

PARROT Zik 3
Bowers & Wilkins P7 Wireless
SONY WH-1000XM2

 

 

 

おすすめワイヤレスヘッドホン!1万円以下編!

 

 

 

JBL T450BT

JBL T450BT

JBL T450BT

 

 

【概要】

JBLの高品位サウンドを手軽に楽しめるエントリーモデル

 

充電時間:約3時間
連続駆動時間:約11時間

Bluetoothバージョン:4.0
対応コーデック:SBC

重量:約155g

備考:

付属品・充電用ケーブルあり。

 

【聴いてみた】

イヤパットが少しチープな感じがします。マメなお手入れを推奨いたします。そして、圧倒的なお手軽価格、ここは悩むトコロですね。スッキリした高音が第一印象です。ボーカルが綺麗に聴けて、唄モノとの相性がいいように感じます。ハイハットの刻みがしっかり捉えられ、バスドラムのアタックの部分、バッチ!っという音が前にでているのが個性ですね。シンプルなオンイヤーヘッドホンなので気軽にワイヤレスヘッドホンを使いたいお客様にオススメです!

 

 

 

audio-technica ATH-S200BT

audio-technica ATH-S200BT

audio-technica ATH-S200BT




 

【概要】

ワイヤレスの自由度をさらに広げる
驚異の40時間連続再生。

 

充電時間:約4時間
連続駆動時間:約40時間

Bluetoothバージョン:4.1
対応コーデック:SBC

重量:190g

備考:
連続待ち受け・最大約1,000時間。

 

【聴いてみた】

三戸なつめさんの着用されているのが「ATH-S200BT ホワイト」。中音域が聴きやすい、ナチュラルなバランスです。大ヒットしたS100とS300の間のようなヘッドホン。イヤパッドの質も上々です。バンド部分はプラスチックでポップな感じです。驚くべきはそのコストパフォーマンス。材質はプラスチックですがチープさは感じません。駆動時間は驚きの40時間。初めてのワイヤレスヘッドホン、プレゼントにもオススメですね。

 

 

 

 

SkullCandy UPROAR ON-EAR WIRELESS

SkullCandy UPROAR ON-EAR WIRELESS

SkullCandy UPROAR ON-EAR WIRELESS


 

【概要】

Skullcandy初のBluetooth搭載ヘッドホン

 

充電時間:約2時間
連続駆動時間:約10時間

Bluetoothバージョン:不明
対応コーデック:不明

重量:123 g

備考:
有線接続には未対応。

 

【聴いてみた】

コンパクトで個性的なフォルムが印象的です。キュートな見た目ですが、実はしっかりしたサウンドです。以下自分のブログのレビューから引用します。

本体全体がプラスチック素材が多いのですごく軽いです。またプラスチック独特の風合いが60’sっぽくて好きです。ボタンもゲームボーイのようなルックスがかわいらしい。がしかし、操作音が大き目、コチコチと音が鳴るのでそのあたりは可愛いんで許してください。サウンドに関しましては低音によっていますが、比較的均整の取れたバランスです。【低音よりカマボコ】って感じの印象でした。低音に厚みがあるので迫力は感じますが、高音部分がソフトですので聴き疲れしにくいんじゃないかと思います。価格も控えめです。嬉しいポイントですね。おしゃれ用にぜひお一ついかがでしょうか!

 

【レビュー】SkullCandy UPROAR ON-EAR WIRELESS!1万円以下!おしゃれで便利なワイヤレスヘッドホン!

 

 

 

Pioneer SE-MS7BT

Pioneer SE-MS7BT

Pioneer SE-MS7BT



 

【概要】

ハイレゾ再生に対応した大口径40mmドライバーを搭載

 

充電時間:約4時間
連続駆動時間:約12時間

Bluetoothバージョン:3.0
対応コーデック:SBC、AAC、aptX

重量:290 g

備考:
マルチペアリング対応機で、最大8台まで。

 

【聴いてみた】

大きなイヤパッドが耳全体を覆ってくれるので、守られてる安心感がうれしいです。この大き目のイヤパッドが良い装着感を生んでますね。心地いい。音の傾向としては高音よりのドンシャリ。意外です。ぱっと見で大きなハウジングだし、PioneerといえばDJ、ドープな低音が来るのかと思ってました。実際SE-MS7BTは、もっとブライトな印象です。個人的にはもっと低音でドロドロにしてほしい気持ちはありますが、スッキリ綺麗にまとまっています。とても聴きやすくコストパフォーマンスの高さを感じますね。

 

 

 

 

Plantronics BackBeat 505

Plantronics BackBeat 505

Plantronics BackBeat 505



 

【概要】

軽量デザインで移動も快適

 

充電時間:約2.5時間
連続駆動時間:約18時間

Bluetoothバージョン:4.1
対応コーデック:不明

重量:約155g

備考:
DeepSleepモードで最大約6か月間バッテリーが持続。

 

 

【聴いてみた】

どこかプロっぽい見た目の「BackBeat 505」。コンパクトにまとまっています。バンドのシェイプがカッコいいデザインです。コンパクトなオンイヤーヘッドホン。サウンドはやや低音よりの、しっとり、どっしりとしたイメージです。個人的には好きなタイプですね。少々高音域の抜けは良くないですが、低音も含めた音の幅の広さを感じます。楽器のアンサンブルが心地よく聴けます。ロックバンドなんてかなり似合うヘッドホンだと思います。

 

 

 

おすすめワイヤレスヘッドホン!2万円以下編!

 

 

Skullcandy Grind Wireless





 

【概要】

極薄メタル素材のヘッドバンドがオシャレ。

 

充電時間:不明
連続駆動時間:約12時間

Bluetoothバージョン:4.1
対応コーデック:不明

重量:182g

備考:
カラーバリエーションによって、ヘッドバンドの素材が異なります。

 

【聴いてみた】

薄いメタルのヘッドバンドがデザインのカッコよさを引き立てる、いい仕事してます。カラーのパターンによって、バンドの質感がかわってきますので、そこも楽しみの1つ。とてもいいバランスのサウンドで、出過ぎたところがなく、でも落ち着き過ぎない、ちょうどいい塩梅のポップなサウンドです。見た目の可愛さとハキハキとした中高域、思ったよりしっかりしている低音。初めてのワイヤレスヘッドホンより、ワンランク上のアイテムかなと思います。

 

【レビュー】可愛いだけじゃなく音も良い!ワイヤレスヘッドホンSkullcandy Grind Wireless

 

 

URBANEARS PLATTAN ADV Wireless





 

【概要】

オシャレで可愛くて、チョット変わってるヘッドホン。

 

充電時間:約2.5時間
連続駆動時間:約14時間

Bluetoothバージョン:不明
対応コーデック:不明

重量:約170g

備考:
ヘッドバンドはファブリック素材で取り外しが可能で洗うことが出来る

 

【聴いてみた】

コンパクトでかわいいデザインのワイヤレスヘッドホン。最も面白い特徴はヘッドバンドが簡単に取り外せて、洗えちゃう点です。音に関してなんですが、小さいのに低音の量感が多めです。全体の傾向としてはやや低音寄りのドンシャリです。サウンドのレンジ自体はそこまで広く感じられるものではなかったんですが、メリハリの付き方や、音の立ち上がり、アタック感が心地よくて、とても楽しい、ポップなチューニングだなと感じました。見た目はカワイイけど、音がビシッとかっこいいのもギャップがあって萌えます。

 

 

 

 

Skullcandy Hesh 3.0 BT

Skullcandy Hesh 3.0 BT

Skullcandy Hesh 3.0 BT



 

【概要】

大好評のワイヤレスヘッドホンの全てをリファイン

充電時間:不明
連続駆動時間:約22時間

Bluetoothバージョン:不明
対応コーデック:不明

重量:約200g

備考:
急速充電機能搭載。5分間の充電で90分使用可能(10分で4時間使用可能)

 

【聴いてみた】

クラッシャーワイヤレスから低音のブースト機能を除いて、素材を軽くしたもの、といった印象でした。実際にはもっとブライトになってますね。大きなイヤパッドが耳を包んでくれる安心感、また、そのホールド効果もあってか、低音の量感も満足いくレベルです。やや低音に傾倒した、フラットかな、と思います。駆動時間もしっかり長く、急速充電に対応しているので、普段使いにするとかなりお役に立てる1本かと思います。

 

 

 

 

SENNHEISER HD 4.40BT

SENNHEISER HD 4.40BT

SENNHEISER HD 4.40BT

 

【概要】

HD 4.30のBluetoothモデル

充電時間:約2時間
連続駆動時間:約25時間

Bluetoothバージョン:4.0
対応コーデック:SBC、aptX

重量:約225g

備考:
NFC対応。

 

【聴いてみた】

イヤパッドはちょっと硬い目の低反発素材。これがめちゃくちゃ気持ちいい。柔らかすぎず、深さもあり、いい感じにリラックスできるイヤパッドです。駆動時間も長いですね、脅威の25時間です。サウンドの傾向はスッキリしていてバランスがいいです。低音よりも中高音がしっかりと聴こえる印象です。ヘヴィなサウンドをお求めのお客様はコチラではありませんが、ジャンルを問わず、いろいろ聴きたい、というお客様にはオススメです。

 

 

 

CREATIVE Sound Blaster EVO ZxR

CREATIVE Sound Blaster EVO ZxR

CREATIVE Sound Blaster EVO ZxR

 

【概要】

多機能ヘッドセット。

 

充電時間:不明
連続駆動時間:約8時間

Bluetoothバージョン:2.1
対応コーデック:SBC、aptX、AAC

重量:約340g

備考:
アクティブノイズキャンセル機能搭載。NFC対応。

 

【聴いてみた】

カッコいい。僕が初めてこのヘッドホンを購入しようと思った理由はそれです。まずは見た目、完全にロボットです。しかも光ります。入力系統が多く、Bluetoothワイヤレスだけでなく、ワイヤードのヘッドホンとしても、ゲーミングヘッドセットとしても活躍します。ノイズキャンセリング機能やトークスルー機能、高音質コーデックaptXにも対応と、メリット大盛りです。サウンドはかなりアグレッシブに脚色されています。ナチュラルな音だとは感じません。サウンドブラスターのドンシャリサウンド、これは個人的におすすめです。

 

 

 

おすすめワイヤレスヘッドホン!3万円以下編!

 

JAYS u-JAYS Wireless

JAYS u-JAYS Wireless

JAYS u-JAYS Wireless




 

【概要】

エレガントな北欧デザインのワイヤレスヘッドホン

充電時間:不明
連続駆動時間:約25時間

Bluetoothバージョン:4.1
対応コーデック:SBC、aptX

重量:不明

備考:
ハウジングをタッチすることでコントロールが可能。

 

【聴いてみた】

ヘッドホンそのものの質感がとてもいいです。サラサラとしていて、高級感があります。上品ですが、おとなしくなり過ぎない、絶妙のバランスです。ここまでコンパクトなのに低音もかなり深いです。音楽ジャンルを問わず、万能機的な鳴り方です。見た目も、音も、使いやすさも上々なうえに、価格もお安く(もっと高級品に思える)コスパもいいとは、よくできたヘッドホンです。

 

以下のブログにて詳しくご紹介しております。

本日発売!クールでおしゃれ!JAYSのワイヤレスヘッドホン”u-JAYS Wireless”!

 

harman/kardon SOHO WIRELESS


 

【概要】

SOHOのデザインを継承し、
さらにBluetooth接続による利便性を向上したSOHO WIRELESS。

 

充電時間:約2時間
連続駆動時間:約9時間

Bluetoothバージョン:3.0
対応コーデック:SBC、AAC、apt-X

重量:168g

備考:
NFC対応

【聴いてみた】

残念ながら、ブラックは生産終了です。圧倒的なコンパクトさで、ぎゅっとプレミアムな感じが凝縮されたヘッドホン。ただコンパクトなだけでなく、そのサウンドも非常にラグジュアリー。2015年の自分のレビューを引用致します。

iPhone6 からBluetooth接続して試聴しました。
コンパクトなSOHOがワイヤレスに!いいですね。めちゃコンパクト。普段僕が持ち歩いてる本やら雑誌やらより小さいです。しかも、操作はタッチパネル(右ハウジングをタッチ!)快適です!近未来を感じます!最近多くなってきましたね。サウンドに関しまして、このサイズ感からは想像しにくい低音のしっかりとした量感。パワフルな音量もいいです!バランスとしてはややドンシャリな感じ?高音域の伸び方も綺麗です。こういうヘッドホンをプレゼントできる人がきっとモテるんでしょうね。キャリングバックも上質です。これは触ってしまったら、皆様ほしくなっちゃうんじゃないですか??

 

 

 

Skullcandy Crusher Wireless

Skullcandy Crusher Wireless

Skullcandy Crusher Wireless


 

【概要】

充電時間:不明
連続駆動時間:最大40時間

Bluetoothバージョン:4.2
対応コーデック:不明

重量:約275g

備考:
左右独立したサブウーファーの振動がこれまでにない立体的でリアルな低音域を生み出す。
振動レベルを調整できるコントロールレバー搭載。

 

【聴いてみた】

音楽も勿論楽しめるのですが、Crusher Wirelessの最も面白い部分はやはり振動。普段僕も愛用しているんですが、主に映画やゲーム、エンターテイメントコンテンツを楽しむときに使っています。駆動時間がとても長いのも魅力の一つです。全体的な音の印象としてはかなり低音よりです。美しく音を鳴らす、と、言うよりは、豪快に音量を楽しむタイプのヘッドホンです。僕個人はベーシストですので、このくらいの低音が愛おしいんですが、お客様によっては音も本体もヘヴィに感じられるかもしれませんね。

 

 

Marshall Monitor Bluetooth Black

 

【概要】

充電時間:不明
連続駆動時間:約30時間

Bluetoothバージョン:4.0
対応コーデック:aptX

重量:不明

備考:

iPhoneでも使用可能。

 

【聴いてみた】

名前の通り、フラットなモニターサウンド、きっちりしたイメージでなにも足したくない、何も引きたくないお客様にオススメ。チョット、ドライなサウンドなので、もっと熱量が欲しいかもしれません、とってもクールです。コントロール部分のスイッチノブがとてもかっこいいですね。コントロールはL側ハウジングのみに集約されているので、操作に慣れるのも早いと思います。折りたたんだ時の佇まいも洗練されていて、アーティストに選ばれそうな、ファッション性にも優れたワイヤレスヘッドホンだと思います。

 

 

 

 

おすすめワイヤレスヘッドホン!3万円以上編!

 

PARROT Zik 3








 

【概要】

充電時間:約2時間
連続駆動時間:最大18時間

Bluetoothバージョン:3.0
対応コーデック:SBC, AAC

重量:275 g

備考:
NFC搭載。

 

【聴いてみた】

ワイヤレス充電を可能にした、ワイヤレス+ノイズキャンセリングヘッドホン。操作はタッチパネルで行います。ハイテクヘッドホンの先駆けですね。専用アプリケーションを使用することでより幅広い音をデザインすることができ、ノイズキャンセリングの強さも調節できます。また、USB経由でPCと接続することもできます。ルックスもかなり個性的でカラーバリエーションも多く、グレイン仕上げ、クロコダイル調、キルティングと、ヘッドホンには珍しいものも。アプリケーションでイコライズしていない場合、ややウォーミーなサウンド、ややかまぼこ傾向にあります、このちょっと大人しい音を基準にアレンジしていきましょう!

 

 

 

 

 

Bowers & Wilkins P7 Wireless

Bowers & Wilkins P7 Wireless

Bowers & Wilkins P7 Wireless

 

【概要】

充電時間:約3時間
連続駆動時間:約17時間

Bluetoothバージョン:4.1
対応コーデック:aptX (Standard Latency)、AAC,SBC

重量:323g

備考:
有線ケーブルでも接続可能

 

【聴いてみた】

めちゃくちゃ音が良いですね。特に特殊な機能を有しているヘッドホンではありませんが、単純に音の出来がいいです。サウンドの傾向としては有線版のP7と同系統、ナチュラルに広がり、ボーカルの歌声が美しく聴こえるエレガントな一品です。またP7 Wirelessは上位機種【P9】の技術エッセンスが注がれているため、若干ですが、有線版のP7よりも音質が良いと感じました。見た目も一段上。紳士淑女の皆さまにも是非お手に取っていただきたいワイヤレスヘッドホンですね。

 

以下のブログに聴き比べの内容を詳しく記載しております。是非ご参考になさってください!

【レビュー】Bowers & Wilkins ヘッドホン最上位機種聴き比べ! #P9Signature #P7 #bowersandwilkins

 

 

 

 

SONY WH-1000XM2

 


 

【概要】

充電時間:約4時間
連続駆動時間:最大30時間(NC ON時)、最大38時間(NC OFF時)

 

Bluetoothバージョン:4.1
対応コーデック:SBC, AAC, aptX, aptX HD, LDAC

重量:約275g

 

備考:

CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高音質に。「DSEE HX」搭載。

 

 

【聴いてみた】

流石SONY、超ハイスペックです。高音質コーデック「aptX HD」に対応。ソニーの開発した「LDAC」にも対応しています。ノイズキャンセリングの精度も高く、ヘッドホンを外さずに瞬時に周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」と、音楽を聴きながら周囲の音も聞ける「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を搭載しています。ワイヤレスヘッドホンに必要な機能は全部乗せた、って感じです。音もいいですね。ナチュラルな良さではなく、都会的でデザインされたシャープな良さを感じます。解像度も高くて、ビシビシ決まりますね。見た目もきれいです。スーツにも似合いそう。

 


 

 

 

 

 

 

以上!

はまちゃん(eear_hamachan)がご案内いたしましたー!

はまちゃん
e☆イヤホン大阪日本橋本店勤務! 身長180cm! 髪の毛は伸ばして寄付する、 へアドネーションしてます! PR担当!SNS・Youtube・ブログ等々です! バンドマンで2017年11月現在はベーシストとして関西で活動中! ベースボーカルもしてます! あんまり知られてませんが、お料理するの好きです☆ 【Youtube】 チャンネル https://www.youtube.com/user/eearphone 【sixteencoins】ってバンドやってます! HP http://sound.jp/sixteencoins/ 自主レーベルはじめました! 【Dreadnoughtus Records】 HP http://dreadnoughtus.wix.com/official
  

この記事を読んだ人におすすめ