おす。えびす。

 

e☆イヤホンではみんなニックネームで呼びあいます。

大体、初出勤日にニックネームを決められるのですが、

今まで一度も呼ばれたことないようなニックネームになることが多いです。

僕もそうでした。

ちなみに、僕の「えび」は初出勤日にスキンヘッドだったため海老蔵になり、

みんな蔵まで呼ぶのが面倒だったのか、早い段階で「えび」になりました。

本名にえびの要素は一つもございません。

 

さて本題へ!

 

発売延期になっていたイヤホンがやっとこさ本日発売です!

 

ズドン!

 

HA-FD01

 

 

 

主な仕様
型式 ダイナミック型
ドライバーユニット 口径11mm
D3ドライバーユニット
出力音圧レベル 103dB/1mW
再生周波数帯域 8Hz ~ 52,000Hz
インピーダンス 16Ω
最大許容入力 200mW(IEC*)
ケーブル MMCX端子型着脱式1.2m
(Y型)OFC線
ハイグレードグルーヴケーブル
入力プラグ φ3.5mm24金メッキ
ステレオミニプラグ(ストレート)
質量(ケーブル含まず) 約20.0g
付属品 ノズル(チタニウム、ブラス、ステンレス)、 スパイラルドット+(プラス)イヤーピース(S、MS、M、ML、L各2個)、 キャリングケース

* IEC(国際電気標準会議)規格

 

もういっちょズドン!

 

HA-FD02

 

 

 

主な仕様
型式 ダイナミック型
ドライバーユニット 口径11mm
D3ドライバーユニット
出力音圧レベル 103dB/1mW
再生周波数帯域 8Hz ~ 52,000Hz
インピーダンス 16Ω
最大許容入力 200mW(IEC*)
ケーブル MMCX端子型着脱式1.2m
(Y型)OFC線
グルーヴケーブル
入力プラグ φ3.5mm24金メッキ
ステレオミニプラグ(L型)
質量(ケーブル含まず) 約20.0g
付属品 スパイラルドットイヤーピース(S、MS、M、ML、L各2個)、 キャリングケース

 

どちらも美しいフルステンレスボディ!

興奮します!

 

実際に音を聴いてみたので軽くレビューさせていただきます。

 

HA-FD01

 

聴いてみて最初に感じたのは伸びの良さ

解像度も高いですがキツさはなく、ギリギリのところを攻めてきます。

音の分離感も良く、細かい音が色んなところから聴こえてきました。

比較的どんなジャンルとも合うと思います。

なんでもこなす優等生といった感じでしょうか。

ノズル交換で音色を変えることもできます。(FD01のみ)

また、現行のスパイラルドットイヤーピースの形状と素材を進化させた

スパイラルドット⁺イヤーピースもいい感じ!(FD01のみ)

 

 

HA-FD02

 

FD01と比べると若干低域に強さがあります。

芯のある元気なサウンドでロックに合うなといった印象です。

細かな表現力はFD01のほうがありますが、

それでも伸びやかさ音の分離感は負けていないと感じました!


 

また、どちらのモデルもノズルが360度回転するファインアジャスト回転機構を搭載しており、

耳掛け式にも対応できるのは嬉しいポイントです!

ケーブルもセパレーションを改善した、MMCX着脱 L /R分離グルーヴケーブル採用しています。

音の分離間がとにかくいいですね。

※FD01は本体からプラグまで「L 」と「R 」を完全にセパレート。

 

WOODシリーズとは全く違う音なので、是非聴き比べて頂きたいです!

 

それでは最後にもう一度!

 

FD01/02

 

本日発売です!

 

では。

エビ
エビっす。 自称日本橋本店のフードファイター。 ラーメンなら替え玉8杯 お寿司なら50皿 カツ丼なら1キロが基本です。 もちろん音楽も好きすよ。趣味はレコード収集(主に宇宙っぽいやつ) テクノ/サイケ/ブラックミュージック/民族音楽 最近はスローでオーガニックなやつも好きです。 他にも何でも聞きます。JAZZなんかも得意です。 HIP HOPならMF DOOMとYasiin Beyが心の師匠です。 愛機 AIAIAI TMA2/KC09/IE8/IE800/RE800J/PAW5000/DJM900/PLX-1000x2/WF1000x twitter⇒https://twitter.com/eear_ebichan
  

この記事を読んだ人におすすめ