100px-ameblo-Distinction-gussan (1)

皆さんおはこんばんちわ、ぐっさんです。(・ω・)

 

マンガやアニメなどで炬燵がよく出てきますが

自分これまで炬燵を使った記憶があまりなく

その恩恵をいまいち想像できないで見ております。

ただ炬燵でまったりしている姿は

最高にカワイイ(‘ω’)

 

はい、本題です。

先日梅田EST店で開催された

試聴会でも大好評だったFitEarの

最新機種が正式に12/9より

試聴可能となりました!!

コチラ!!


FitEar Air2

 

 

製品紹介(メーカーHPより引用)

FitEar初のハイブリッドタイプカスタムイヤーモニターとして、2015年10月に発表された「FitEar Air 」。
フォステクスカンパニーより供給を受ける、強靭でありながら優れた周波数特性を誇る9mmダイナミック型ドライバーと、
その良さを損なわぬよう設定されたバランスドアーマチュア型ドライバーとの連携により、力強さと瑞々しさを併せ持つサウンドを具現化。
これまで多くのご評価を頂いてまいりました。
「FitEar Air2」ではFitEar Airの持つ特長はそのままに、これまでの開発で蓄積したFitEar独自のエアフロー制御をより深化。
ドライバーの実装方法など内部設計を見直し、さらに深みのあるサウンドを目指しました。

使用環境に左右されないショートレッグシェル

密閉された耳穴内ではダイナミック型ドライバー振動板に気圧変化による動作規制が生じます。そのためカスタムシェルでダイナミック型を利用する際には、通常「ベント」と呼ばれる気圧変化を緩和するための通気穴が必要となります。しかし、騒がしい場所など使用する環境によっては、このベントが外部騒音の侵入や音漏れや音質の変化といった問題の原因ともなります。
「ショートレッグシェル」は、従来のカスタムイヤーモニターと比較して耳穴に納まる部分が短くなっています。これにより耳穴内の空気容積を大きく取ることで気圧変化幅を最小限に抑え振動板の動作規制を解消、高い遮音性を維持することで周囲の環境に左右されずにダイナミック型ドライバーの利用を可能としました。

好みで選べる2モデル

「FitEar Air」と「FitEar Air2」はそれぞれ独立したモデル。同じハイブリッドタイプでも音のキャラクターは異なります。ぜひご自身の耳で聞き、その違いをご確認ください。

FitEar Airの製品ページ

選べるフェースプレートカラー

「FitEar Air」ではフェースプレートのカラーをお選び頂けます。選べるカラーはオレンジ ・レッド・ブルー・イエロー・ ホワイト・ブラックの計6色、表面はすべて光沢仕上げとなっています。
(シェルカラーはブラックのみ、左右フェースプレートは同色での製作となります)。

オレンジ
レッド
ブルー
イエロー
ホワイト
ブラック
 
 
 
 

 

 

スペック(メーカーHPより引用)

モデル名

FitEar Air2(フィットイヤー エアー2)

構成

ダイナミック型ドライバーとバランスドアーマチュア型ドライバーのハイブリッド

ケーブル

FitEar Cable 007(3.5mmストレート型ステレオミニプラグ)

価格

オープン価格

 

内部構造の詳細に関してはHPには載っておりませんが

須山社長が自身のTwitterにてちょこっと説明してくださっております。

内部構造が実はFitEar TITANと同じ!

二基のD型ドライバが同じタイミングで動作する

「インラインダブル」

とベント穴をあけずに空気容積を大きく取れる

「ショートレッグシェル」

を採用

D型ドライバを搭載していながら完全密閉型を実現させた

カスタムIEMです!

 


当店に試聴機が到着したので早速

 

試聴環境:AK70

まず初めに聞いてガツンと印象に残ったのが

ベースラインの存在感でした。

そこまで主張が強いわけではないのにしっかり分離されて聴こえます。

低音域がかなりエネルギッシュで聴いてて楽しくなってきますね。

中音域の鳴り方も自然で少し低中音域にフォーカスしたチューニングです。

BAドライバが徹底してツィーターの役割を果たしており、音の繋がりを壊さず

高音域の解像度と存在感を支えてくれてます。

定位もしっかりしており、まるで2wayスピーカーを聴いてるかのような感覚でした。

癖があるわけでなく、音自体はナチュラルなので一言で言い表すならば

「普通にいい音のリスニングイヤホン」

となりますでしょうか。

普通だからこそ万人受けして苦手なジャンルもなく鳴らしてくれる

汎用性の高いイヤホンですね、須山社長の狙い通りだといえます。

 


FitEar渾身のハイブリット型カスタムIEM

FitEar Air2は

本日より試聴可能です!

オーダーは

12/16スタートです!

 

カスタムIEMを取扱いしている店舗に

試聴機をご用意しておりますので

是非ご試聴くださいませ!

 

ここまで読んで下さりありがとうございました。

以上、梅田EST店からぐっさんがお送りしました(・∀・)

ぐっさん
梅田EST店カスタムIEM担当ことぐっさんです。 たまに店内のパネルやPOPを作ってます。 オタクコンテンツが生きがいです。 よろしくどうぞ。 あ、Twitterやってます→@eear_gussann DAP:AK70 True Blue イヤホン:UM3XRC/UE TF10/turbinepro Copper/E2000/AAW A1D/10proリモールド ヘッドホン:MDR-CD100/SENNHEISER PX95/SE-MX9 THE iDOLM@STER
  

この記事を読んだ人におすすめ